今日の私を好きになる、カラダとココロのヘルスケアお役立ち情報

AYURharmony-アユルハーモニー

しわ・たるみ 美容

なぜできる?シワ・たるみの3つの原因と対策

ふと鏡を見た時や電車の窓に映る顔。

いつの間にかできていたシワやたるみにびっくりしてしまったことはないですか?

深く刻まれたしわ、フェイスラインのたるみは年齢以上の老け顔に見えてしまいます。

でも諦めないで。

セルフケアでも十分に改善の見込めるシワやたるみもあります。

まずはシワ・たるみの原因を知り、しっかり対策をたてていきましょう。

当てはまりますか?

  • シワに悩んでいる
  • フェイスラインがもたついてきた

シワ・たるみができる3つの原因

シワ・たるみができる原因は3つにわかれます。

①生活習慣

②光老化

③加齢

 

①生活習慣

スキンケアや食習慣、表情のくせなど、普段の生活習慣がシワ・たるみの原因になることがあります。

乾燥

皮膚の一番外側の表皮の乾燥は、シワの原因です。

目の下に細かくできることが多く、「乾燥ジワ」や「小じわ」と呼ばれることも。

皮膚の乾燥によっておこる一時的なしわなので、保湿をすることで十分改善が見込めます。

ただ対策をせず放置していると、徐々にしわが深く進行していくので早めにケアをしましょう。

>>お風呂あがりにチェック!しわをスキンケアで改善する方法

 

糖化

糖化は皮膚の形を保つ役割をするコラーゲン繊維を切断させ、お肌のハリをなくし、しわしわに。

また毛細血管が糖化するとターンオーバーが乱れ、お肌に栄養が行き渡らなくなります。

新陳代謝も滞るため、お肌の新しい細胞ができにくくなってしまいます。

 

表情やしぐさのくせ

表情ジワは目尻や額にできることが多く、表皮から真皮層にかけてできるしわです。

目をしかめる、額にしわをよせるなど普段意識していない表情のくせが原因となります。

また奥歯の片方だけで食べ物を噛んだり、頬杖をついたりすると顔の片方だけたるむことも。

 

②光老化

光老化は紫外線が原因でおこる老化現象です。

>>光老化について知りたいこと。今日から取り入れるケア方法

お肌は紫外線に当たると炎症をおこし、「好中球エラスターゼ」という炎症を抑える酵素をだし炎症を抑えようとします。

ですが、同時に好中球エラスターゼには、お肌のハリや弾力の元となるコラーゲンやエラスチンを分解してしまう作用もあるのです。

お肌の老化現象の80%は光老化によるもの。

紫外線はしっかりとブロックしていきましょう。

関連▶うっかり日焼けのケア方法【紫外線のダメージからお肌を守る】

 

③加齢

加齢にともない、皮膚・皮下脂肪・骨には様々な変化があります。

皮膚機能の衰え

加齢により

・お肌の水分保持機能の低下

・ターンオーバーの乱れ

・活性酸素の増加

がおこり、皮膚の機能そのものが老化していきます。

 

皮下脂肪の増加

年齢とともに、体だけでなくお顔の皮下脂肪も増えてきます。

コラーゲンやエラスチンなどの皮膚を支える組織も弱くなるので、増えた皮下脂肪を支えることができなくなり、シワやたるみの原因に。

 

お顔の骨の萎縮(いしゅく)

お顔の骨は年齢とともに縮みます。

骨が縮んだところに、長年の重力と皮下脂肪の増加が加わることがたるみの原因です。

下の図のとおり、お顔の中心部分(お顔を縦に3等分した真ん中)は皮膚の下の支持組織としっかり結びついている+皮下脂肪が少ないため、たるみにくくなっています。

シワ・たるみ対策

シワ・たるみ対策

乾燥ジワはしっかり保湿

表皮の乾燥でできた浅いシワは保湿を充分にすることで改善できます。

セラミドや天然保湿因子(NMF)入りの化粧水や油分をしっかりとお肌に与えましょう。

シワ改善有効成分が含まれたスキンケア製品を利用するのもOK♪

 

日焼け止めで光老化をストップ

紫外線は日焼け止めで物理的にブロックすることが最も効果的です。

室内や曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。

日焼け止めは一年を通して塗ることをおすすめします。

紫外線に強いお肌を作るための食品選びは、「光老化について知りたいこと。」をお読みください。

 

表情じわはマッサージで改善

表情のくせはマッサージや表情筋のトレーニングでコリをほぐしていきましょう。

血行を促す効果もあるマッサージは力を入れすぎないのがポイント♪

ぐいぐいこすってしまうとかえってしわになるだけでなく、シミの原因にもなるのでご注意を。

マッサージクリームや美顔器を利用するのも一つの手ですね。

表情筋トレーニング法

①目と口を思いっきり開いて、「あ・い・う・え・お」を3回繰り返す

②目と口を思いっきりすぼめる

③①と②を5セット

 

定着しつつあるシワは美容クリニックで改善

定着しつつあるシワは美容クリニックで改善

保湿やマッサージなどで改善しない、定着しつつあるシワは皮膚科や美容クリニックで相談することが改善の早道です。

美容クリニックで治療といっても、高額なものやメスで切る以外にもさまざまな方法があります。

ご自身にあったプランを選びましょう。

 

外用薬

コラーゲンの生成やターンオーバーの促進とハリのあるお肌作りに欠かせないのがビタミンA。

そのビタミンAの誘導体であるトレチノインを塗り薬としてお肌に塗るのが「トレチノイン療法」です。

トレチノインはまれにお肌に赤みがでることもあり、クリニックで医薬品として処方されます。

 

注射系

フィラー注射

しわでへこんだ部分に直接薬剤を入れて、膨らませる方法です。

①ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は水分をつかむ力(保水力)が強く1gで約6ℓの水分を保持できます。

へこんだ部分を膨らませるだけでなく、お肌に水分を閉じ込める2つの作用に期待♪

②ベビーコラーゲン

コラーゲンを直接注射する方法です。

へこんだ部分を持ち上げる力はヒアルロン酸の方が強いのですが、浅いしわをより自然に改善したい時にはおススメの方法です。

 

ボトックス注射

ボツリヌス菌の筋肉を緩ませる作用を利用して表情ジワ(目尻の笑いジワ・眉間の縦ジワ・額の横ジワ)の改善を目指す方法です。

注射してから4~5日目くらいから効果が出始めて、3~6ヵ月効果が持続します。

※65歳以上だとしわの数が増えるため、ボトックスだけでは効果の実感がないと言われています。

 

メソセラピー

有効な成分を直接注射して、お肌に届ける方法です。

リフトアップや脂肪溶解など効果にあわせた成分を注入していきます。

多血小板血漿PRP注入

自分の血液を採血して血小板を取り出し、お顔の気になる部分に注射する方法。

もともと血小板は出血したときの止血をする働きがあり、多くの成長因子を放出します。

その作用を利用して、血小板を気になる部分に注射することで、成長因子を増やし、自分自身のコラーゲン・ヒアルロン酸を増やす方法です。

効果は注射後1~2週間後から出始めて、5年~10年ほど持続すると言われています。

 

LEDヒーライト

医療用のLEDライトをお顔に照射することで、コラーゲン・エラスチンを生成しシワの改善を目指します。


LEDライトを照射するだけなので、眩しいですが、無痛の施術となります。

美容治療がまったく初めての方でも、安心して受けやすい治療です。

>>【ヒーライト】医療用LEDライトの嬉しい効果

 

光治療(フォトフェイシャル)

レーザーは単一の強い波長をもっていることに対して、光治療は複数のマイルドな波長を用いて治療します。

波長がマイルドなため、かさぶたなどのダウンタイムが少ないのが特徴ですが、その分効果を実感するまでには時間がかかります。


レーザー治療

真皮層がターゲット

真皮層になんらかの熱を加えてコラーゲン・エラスチンを増やそうとする方法です。

※機械名は他にも様々な種類があり、クリニックにより導入しているものが違います。

①YAGレーザー

機械・施術名:クラリティスキンタイトニングなど


高周波

真皮層に高周波を照射し、コラーゲンの増殖と収縮を促し、しわ・たるみを改善する方法。

機械・施術名:サーマクール、イントラジェン


赤外線

赤外線を用いる方法。

機械・施術名:タイタン

➃高周波とダイオードレーザーの組み合わせ

機械名:ポラリス

 

SMAS層がターゲット

真皮層の下、表層筋膜層のたんぱく質を収縮させてリフトアップする方法

機械・施術名:ウルセラ

 

手術

糸を使ったフェイスリフト

糸の種類・本数により効果・料金がかなり違います。だいたい10万円~50万円ほど

 

メスを使ったフェイスリフト

メスを使って物理的にリフトアップする方法。

もっともダウンタイム・治療費が高い。

 

シワ・たるみは早めのケアで進行を防ごう

シワ・たるみは早めのケアで進行を防ごう

しわ・たるみは高い治療をしないと治らないと思い込んでいませんでしたか?

浅いシワや生活習慣が原因のたるみは早めの対応で改善できます。

真皮層にできる深いシワでも、比較的安価でできる治療もあります。

ご自身のライフスタイルに合わせて、治療方法を選んでいきましょう。

とはいえ、浅いシワ、深いシワ、たるみと悩みが混在していることが多いですし、シワの深さによっても適切な治療(注射がいいのか、器械がいいのか、その中でもどの器械がいいのか)が異なります。

複数の機器を持っているクリニック、選択肢が多いクリニックで充分なカウンセリングを受けて治療をすることをおすすめします。

参考図書はコチラ

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この記事はお役に立てましたか?
参考にしていただけると嬉しく、私の励みになります。
記事が役に立ったと思われた方は、ぜひシェアをお願いします。

 

スポンサーリンク

-しわ・たるみ, 美容

Copyright© AYURharmony-アユルハーモニー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.