今日の私を好きになる、カラダとココロのヘルスケアお役立ち情報

AYURharmony-アユルハーモニー

その他 美容

シミに効果あり?トラネキサム酸の気になる効果

シミや肝斑、肌くすみなどお肌のお悩みは多いもの。

美肌を目指す方が注目している成分のひとつが「トラネキサム酸」、トランサミンともいいます。

こちらの記事は、内服だけで美肌を目指す方だけでなく、レーザー治療を目指す方にもぜひ知っておきたい内容になっています。

ぜひ最後までお読みください。

当てはまりますか?

  • シミや肝斑がある
  • レーザー治療を考えている

トラネキサム酸のお肌への効果は?

トラネキサム酸は、抗炎症作用、抗アレルギー作用、止血作用があるお薬で、市販の風邪薬の中にも入っている成分のひとつです。

シミに対しては次のような効果があります。

・メラノサイトを刺激するプラスミンを抑える

・・炎症をおさえる

シミや肝斑はメラニンが過剰に増えている状態です。

メラニンはメラノサイトという細胞から作られるのですが、この細胞を活性化させる原因のひとつがプラスミン。

このプラスミンとお肌の炎症を抑え、鎮静化することでシミや肝斑の改善に効果があります。

特に肝斑に対して効果が高く、治療の第一選択となるお薬です。

レーザーの跡は?

レーザー治療の後にシミが濃くなってしまうことを「炎症後色素沈着」といいます。

皮膚が炎症をおこしている状態なので、トランサミンの炎症を抑える作用を利用しています。

neneco

 

トラネキサム酸の副作用は?

トラネキサム酸には次のような副作用があります。

・下痢

・腹痛

・食欲不振

・悪心、嘔吐

また止血作用があるため、まれに血栓といって血の塊ができることがあります

トラネキサム酸を配合したお薬は、第一類医薬品としてドラッグストアやネット販売もしていますが、心配な方や持病のある方、経口避妊薬を飲んでいる方は、医療機関で処方してもらう方が安心です。

経口避妊薬は血栓症のリスクがあるため、内服されている方は必ず医師に相談しましょう。

 

トラネキサム酸はどこで処方してもらえるの?

トラネキサム酸は、皮膚科・美容皮膚科・美容外科で処方できますが、美容目的なので自費となります。

市販薬と処方薬を比較すると、次のように1日量に違いがあります。

市販薬に含まれているトラネキサム酸量(1日量):750㎎

処方薬の1日量:750~2000㎎

出典:EPARKくすりの窓口

 

トラネキサム酸が入った市販薬:トランシーノ

持病のある方などは、医療機関で処方してもらうことをおすすめしますが、トラネキサム酸が配合された第一類医薬品もドラックストアやネットで販売されています。

おすすめは、トラネキサム酸にビタミンC、Lシステインが配合されたトランシーノです。

肝斑に対して、1日2回約2か月の継続で85%以上の改善を実感したというデータがでています。

 

トラネキサム酸はシミ改善の強い味方

トラネキサム酸は、メラノサイトに働きかけ、メラニンの生成をおさえたり、炎症を抑えることで、肝斑や炎症後色素沈着の改善を目指す薬です。

インターネットやドラッグストアでも購入できますが、処方される1日量に違いもあります。

ご興味のある方は、医師に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この記事はお役に立てましたか?
参考にしていただけると嬉しく、私の励みになります。
記事が役に立ったと思われた方は、ぜひシェアをお願いします。

 

スポンサーリンク

-その他, 美容

Copyright© AYURharmony-アユルハーモニー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.