今日の私を好きになる、カラダとココロのヘルスケアお役立ち情報

AYURharmony-アユルハーモニー

健康 紫外線ケア

紫外線をブロック!正しい日焼け止めの選び方

日焼けや光老化を予防するには、日焼け止めを塗って紫外線を物理的にブロックすることが一番です。

日焼け止め製品は、SPF値、PA値、紫外線吸収剤入り、ケミカルフリーと選ぶ際のポイントが多く、種類も豊富です。

あなたは、その中から正しい日焼け止め製品を選べていますか?

 

関連▶光老化について知りたいこと。今日から取り入れるケア方法

  ▶うっかり日焼けのケア方法

日焼け止めを選ぶときのチェックポイント

SPF値は日焼けするまでの時間

SPF値はUVBによるサンバーンを塗らない場合と比べて、その製品を塗ると日焼けするまでの時間を何倍のばせるかを数値としてあらわしたもの。

SPF15であれば、15倍延長できるという意味です。

SPF値の目安は次を参考にしてください。

日常生活:15

屋外での活動やスポーツ:15~30

海や山でのレジャー:30~50

紫外線ですぐ赤くなるような敏感な方:50~

 

PA値はどれくらい日焼けの防御力

PA値はUVAによるサンタンを塗らない場合と比べて、その製品を塗ると何倍防げるかを数値としてあらわしたもの。

PA値の目安は次の通りです。

PA+:2~4倍

PA++:4~8倍(かなり効果がある)

PA+++:8~16倍(非常に効果がある)

PA++++:16倍以上(極めて高い効果がある)

 

紫外線剤も忘れずチェック

紫外線吸収剤

紫外線を皮膚の表面で吸収材が吸収して、熱や他の波長の光に変化させて放出させる成分。

この吸収材のおかげで、白浮きせず、高いSPFの製品を作ることができる一方で、熱や光に変換させるプロセスがお肌に負担のかかることもあります。

 

紫外線散乱剤

紫外線を皮膚表面で散乱させる成分。

散乱剤として白色顔料が使われることが多いので、白浮きしてしまうことがあります。

ですが、最近では製品開発がすすみ、白浮きしない自然な仕上がりの日焼け止めも増えてきています。

 

ケミカルフリー

紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めをさしていることが多いようです。

日焼け止めはただ効果の高いものを選べばよいわけではなく、お肌に負担がかかることもあるので、ご自身のライフスタイルにあわせて選ぶようにしましょう。

 

日焼け止め効果のあるファンデーションだけでも大丈夫?

 

日焼け止めクリームと日焼け止め効果のあるファンデーションを重ねづけた方が、お肌を二重にブロックすることになるので、ベストです。
neneco

 

日傘・帽子・サングラスをプラスするとよりGood♪

色の濃い薄いは関係ないので、UVカット表示のものを選んで!

 

 

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めは、お顔であればパール2粒分くらいをしっかりと塗り、2~3時間ごとに塗りなおすようにしましょう。

 

お化粧している場合は?

 

お化粧の上から日焼け止めは塗れませんよね。

その時は汗をティッシュなどで押さえてから、ファンデーションを塗りなおすことで代用してください。

日焼け止め効果のあるファンデーションなら安心できますね。

neneco

アスファルトの照り返しや日陰も気を付けて!

日焼けは、直射光以外にも注意が必要です。

直射光が100%だととすると、アスファルトからの照り返しは10%が反射してきます。

また紫外線は、空気中の微粒子よっていろいろな方向へ散乱してしまうので、日陰といえども安全とはいえません。

 

ライフスタイルに合わせた日焼け止め選び

紫外線は肌の老化原因の80%を占めています。

正しく選んで、お肌を守りましょう。

日焼け止めはライフスタイルに合わせて、ご自身にあったものを選んで。

紫外線の強い時期は、日焼け止め機能の入ったファンデーションをプラスするなど季節で選ぶのもOK♪

関連▶光老化について知りたいこと。今日から取り入れるケア方法

  ▶うっかり日焼けのケア方法

参考図書はコチラ

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この記事はお役に立てましたか?
参考にしていただけると嬉しく、私の励みになります。
記事が役に立ったと思われた方は、ぜひシェアをお願いします。

 

スポンサーリンク

-健康, 紫外線ケア

Copyright© AYURharmony-アユルハーモニー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.